家事代行とお手伝いさんの違いとは?

補器を持ってガッツポーズする女性

お手伝いさん、メイド、ハウスキーパー、ホームヘルパー・家政婦・家事代行・・・

沖縄では、アメリカの文化のせいか、家事代行というより、ハウスキーパーの方が浸透しているようです。

実際、呼び方が変わると何が変わるのか?をお話ししていきます。

目次

業務の違いはあるのか?

呼び方が違うから、業務にも違いがある?と思いがちですが、お手伝いさん、メイド、ハウスキーパー、ホームヘルパー・家政婦・家事代行に業務の違いはありません。

基本的に、お手伝いさん、メイド、ハウスキーパー、ホームヘルパー・家政婦・家事代行の前提は「家事の手伝い」になるので、専門的な業務は行いません。

部屋の片づけ・掃き掃除などのイメージが強いかもしれませんが、他にも多くの業務をこなしていきます。

拭き掃除・掃除機がけ・窓ふき・トイレ掃除・お風呂場掃除・浴槽掃除・キッチン掃除・レンジフード・コンロ掃除・食器棚整理・ゴミ出し(新聞・段ボール・缶・瓶など)・ベットメイキング・クローゼット整理・本棚整理・草刈り・庭掃除など。

お手伝いさんと家事代行など、呼び名が違うのに業務が一緒となるといったい何が違うのでしょうか?

それは・・・

家事代行やお手伝いさんの
呼び方の違いとは

呼び方の違いに影響する理由は2つあります。

1つ目は・・・

国・言語・文化の違い

例えば、ハウスキーパーやメイドなどは、イギリスやアメリカなどの欧米件で使われる言葉で、時に沖縄や横浜などの米軍基地がある場所では昔から使われているようです。

お手伝いさんや家政婦などは、日本で使われる言葉です。

さらに、時代の背景によっても変わってきます。

昔は、武家の奥向きに奉公する女性のことを女中と呼びましたが、昭和の中期からは、お手伝いさんと呼ばれるようになったという事です。

国や言語・文化の違いで呼び方が増えてきた他にも、呼び方の違いに影響することがあります。

それは・・・

働き方による
呼び方の違い

働き方というか、雇用体系で呼び方が変わることもあるようです。

例えば、家事代行サービスは、顧客から会社に依頼があり、顧客のニーズに合ったスタッフを派遣していきます。

ところが家政婦という呼び名は、女中から変わってきた呼び方なので、本来は顧客が直接雇用する呼び方になります。

しかし、様々なサービスが点在してきて、明確な区分が無くなってきてるようです。

まとめ

以上、お手伝いさんと家事代行の違いについてでした。

毎日お手伝いを頼みたい方は、家政婦さん。

不定期に手を借りたい場合は家事代行サービスが有効な使い方ともいえるでしょう。

自分に合ったお手伝いサービスを選んで頂くときの参考になれば幸いです。

目次
閉じる